学園祭を最大限楽しむコツ5選!!!大学ver

festival

学園祭って行くだけで結構楽しいよね!!

学校全体が盛り上がってるし、なんか雰囲気もポジティブで楽しい雰囲気だからその場にいるだけで楽しくなるよね!

でも、ただ適当に回るよりももっと楽しめる方法があるので、今回はその中から5つ紹介していこうかな!!

あ、ちなみに僕は大学時代に学園祭の実行委員会に入っていたので、そこらへんの経験からどうすれば効率的に且つ最大限楽しめるかを紹介していこうかなと思います。

スポンサーリンク

学園祭実行委員に聞く

かなりド直球な方法ですが、これが1番手っ取り早い!!

その学校の学園祭を運営していて知り尽くしているいわばスペシャリストなので実行委員に「どういう風に回るのがオススメ!?」という感じで聞いてみれば、快く答えてくれると思います。

ただし実行委員は基本的に大学生であるため考え方が幼稚な子や、やる気が無い子や、自分の所属している団体・サークルを押してくる子もたま〜にいますので誰でもいいというわけではありません

責任感のある立場の人に聞くことが重要なのですが、初見で判断するのは難しいので2〜3人の実行委員に聞いてみましょう!セカンドオピニオンみたいな感じで(^-^)

パンフレットでタイムスケジュール確認

学園祭は同時に色んな場所で色んな企画が同時進行で行われます。

なので、パンフレットでのタイムスケジュールの確認が相当重要になってくるわけですね!

見たい企画の時間を確認しマーカーなどでなぞっておけば完璧ですね!!

これをやらないと人気企画を逃したり楽しみにしていた企画を逃したりして、結構悲惨なことになったりもします(汗)

なので、たまに「パンフレットは要りません!」という方がいますができるだけ貰った方が良いでしょう!

良心的な学校ならばWebサイトに学園祭当日スケジュールの詳細を載せてくれるところもあるので、その場合はパンフレットを貰わなくても問題ないと思います。

大きいパンフレットはちょっと邪魔になることもありますし(汗)

学園祭の開催時間に行く

学園祭の開催時間は基本的に朝ですよね!

朝はまだ来場者数は少ないので色んな場所を待ち時間無しで回ることができます。

僕の大学ではお化け屋敷をやっていたのですが、お昼あたりからかなり待ち時間が長くなってしまって、かなり時間の無駄となってしまいます。

しかし学園祭が開催してすぐは基本的にお客さんは少ないです!

常設系の企画(お化け屋敷など)や体験系の企画(科学実験など)は朝早くに行くと待ち時間も少なくスムーズに入ることができるので、朝早くは模擬店などよりもこちらを優先した方がいいかもしれませんね!

午後はメインステージ!!?

大学祭にはおそらくメインステージというものが設けられている場合が多いと思うのですが、このメインステージのメインは午後なんです!!

そもそも、メインステージって?

メインステージはその大学の軽音部の人気バンドのライブや外部からの参加者(吹奏楽や劇団など)や、芸人のお笑いライブや、歌手のライブなど大学祭のメインとなる企画を行うステージのことです。

このメイン企画は午前中よりも午後の方が多い傾向があります

これは学園祭の来場者数の関係で、午後からの方が圧倒的に来場者が多いからです!

僕の経験上、13:00~14:00くらいに大きな企画が入っていることが多いですね。

パンフレットを貰わない場合やとにかく縛られずに自由に回りたいといった時に活用できると思います。

服装に気をつける!!

これが実は結構大事なんです!!

学園祭といえば模擬店だ!!みたいな風潮があるほど学園祭には模擬店が豊富です!

そして、模擬店といえば「焼きそば」「たこ焼き」「お好み焼き」「串焼き」などのタレ・ソース類の食べ物が多い気がしませんか??

そんなところに、綺麗な白い服で行って汚れでもしたら気分は最悪ですよね?

なので汚れが目立つ服、洗濯しても汚れが落ちにくい服などは着ていかないのが無難です!

自分が気をつけていても、他人の持っている食材で汚れてしまうこともありますので・・・

あとは、見たい企画に応じて服装を決めましょう!!

ライブで騒ぎたいならば、汗が目立つ服は避けるなどですね!

汚れてもそこまでショックじゃないオシャレな服?みたいなのがあれば最高ですね!!

スポンサーリンク

まとめ

ということで実際に学園祭実行委員として活動していた僕がオススメする学園祭の楽しみ方を5つだけ紹介しました!

楽しみ方は、人それぞれかとは思いますが、参考にしていただけたらなと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする